Home > 会社概要 > 採用情報

採用情報

トップからのメッセージ

■2012年、東京商工会議所主催『勇気ある経営大賞』優秀賞を受賞

2012年、東京商工会議所主催『勇気ある経営大賞』

「勇気ある経営大賞」は、革新的・創造的な技術やアイデア、独自の経営手法などにより、厳しい環境の中で勇気ある挑戦をしている中小企業を顕彰する制度です。
2012年は、164社の応募の中から第1次選考で61社、第2次選考で31社、第3次選考で15社まで絞られ、最終選考は「社長プレゼン」の対決となりました。
当社は惜しくも大賞は逃したものの、優秀賞を受賞。
その賞金をもとに「勇気ある経営大賞基金」を設置し勇気あるアイデアを提案した社員を毎年末に表彰することとなりました。

受賞理由

1985年より、新しい時代にマッチした自動車教習所づくりに着手。校舎を当時若者に人気のあったカフェバー風に改装し、大学生向けのディスコパーティを隔月で開催するなど、話題を呼んだ。
近年では教習車にBMW、ハーレーダビットソンを導入。また、業界に先駆け女性教習指導員を採用し、女性も平等に働ける場を提供するなど、従来の自動車教習所のイメージを払拭したこと。

社員のプロジェクト活動の一環で、日本初の英語教習をスタート。英会話が可能な教習指導員の育成のほか、社員が自ら英語のテキストの制作に挑戦。度重なる公安委員会との交渉の末、5年の歳月を経て実現した。また、日本初の障がい者教習も社員の発案でスタートするなど、多くの外国の方、障がいを持つ方の運転免許取得に多大な貢献をしたこと。

■トップからのメッセージ

「リストラ」はしません。「終身雇用」と「能力+年功賃金体系」を守ります。

常に時代を先取りする経営が、業界の不況をモノともしない業績の伸びに現れています。
昨年、一昨年とも、業界全体の伸び率はマイナスですが、当社は常に前年比プラスの伸びを示しました。この秘密を探ろうと、全国各地の自動車教習所から見学が絶えません。
給与については、年功と能力給を併用しています。さらに年功の浅い人でも、個人の努力が昇格・賞与にスムーズに反映されるシステムになっています。

リーディングカンパニーとして「時代に合った新しい教習所」を作り続けます。

あなたの「若さ」と「やる気」を貸してください。
1999年に日本初の英語教習をスタート。続いて手話による教習や、車椅子をご利用の方のための障がい者教習も始めました。さらに2005年9月にリニューアルオープンした二子玉川校の新校舎は、バリアフリー設計や環境緑化などを積極的に推進し、公安委員会やマスコミ各方面からも大きな評価を受けています。これら数々の新しい試みは、すべて社員公募によって結成されるプロジェクトにより、社員主導型で展開されています。また、現場の社員の声が直接トップに伝わる「E~ANボックス」と呼ばれる投書箱により、社員のフレッシュなアイデアが即、経営に反映される制度もあります。若い社員のやる気と能力を最大限に引き出し、そのパワーに支えられて成長を遂げてきた会社なのです。

男女平等に幹部を育てたい -結婚しても、ずっと働き続けてもらうために-

等級制などによる昇進・昇格は全く男女平等です。さらに出産・育児休暇も充実。社内の託児ルームを社員も利用できるほか、「勤務途中での保育園のお迎え」などもOK。子供の病気などによる休日も認められています。これらの休みは人事考課の対象とはなりません。

専任社員・正社員。働き方はライフスタイルにあわせて。

専任社員で入社しても、希望すれば1年後から正社員への転向もできます。毎年10人以上の人が正社員に登用されています。

  • 新卒・第二新卒採用はこちら
  • 中途採用はこちら

page top ▲

copyright (c) Koyama Driving School,
All Right Reserved.